函館共愛会
函館 共愛会
トップページ
法人の概要
沿革
施設紹介
情報公開
職員募集
所在地
お問い合わせ
共愛会
 
函館共愛会 概説

社会福祉法人函館共愛会は,1934(昭和9)年3月21日に発生した函館大火を契機に設立されました。
函館は明治期以来,千戸以上が消失した火災が10回ありましたが,なかでも1934年の大火は,人口が既に20万人を超え東京以北最大の都市であった函館の3分の1を焼き尽くし,10万人以上が罹災し,2,700名以上の死者・行方不明者となる未曾有の大火災でした。
この大火に対し,両陛下はじめ各宮家から御下賜金を賜るとともに,全国からさらには諸外国からも多くのお見舞い,義援金,救援品が贈られました。
義援金の一部168万3,071円(2015年価格で約12億円) が,函館火災救援会長(北海道庁長官佐上信一氏)より交付され,同年11月16日に内務大臣の許可を受け財団法人函館共愛会を設立し,初代理事長には坂本森一函館市長が就任しました。
設立当初,600余戸の簡易住宅の建設や託児所の運営など大火後の民政安定上緊急な事業を実施するとともに,罹災市民の失業救済事業として道路の舗装や清掃事業を行ったほか,職業紹介や授産事業を開設するなど函館市に協力し救済事業を行ってきました。
1937(昭和12)年6月30日に総合社会福祉館として,新川町に共愛会館を建設し,法人事務所をそれまでの市役所から移転し,事業推進の本拠としました。
1945(昭和20)年,第二次世界大戦後は,進駐軍に施設を接収された時期もありましたが,1950(昭和25)年5月27日に社会福祉法人として新たなスタートを切りました。

 
函館共愛会 沿革

月日 主  な  出  来  事
1934年 昭和 9年 3月21日 函館市の3分の1が消失し、約2,700人の死者・行方不明者となる大火災が発生
    9月 1日 大火からの復興をめざし、住宅や託児所、簡易宿泊所の経営、職業紹介、その他の社会事業を行うため、資本金137万円をもって、財団法人函館共愛会を函館市役所社会課に創設し、坂本森一函館市長が初代理事長に就任
    11月16日 内務大臣から財団法人函館共愛会の設立が許可される。
1935年 昭和10年 4月 1日 児童保護事業として保育園の経営を開始
      ○函館共愛会託児所第1保育園(定員100人)
旧興友会ホーム(新川町)
      ○函館共愛会託児所第2保育園(定員100人)
旧谷地頭保育園(谷地頭町)
      ○函館共愛会託児所第3保育園(定員100人)
旧愛の園(高盛町)
    7月 1日 共愛会職業紹介所を開設
    7月24日 被災者のための住宅の建設、貸与を始める。
高盛町住宅65棟125戸
以降、砂山町、人見町、宇賀浦町、追分町などで住宅の建設、貸付を行う。
    10月14日 函館大火への全国からの義援金345億4557円(現在の金額で約25億円余り)の一部、168万3071円(現在の金額で約12億円余り)が函館火災救援会長だった佐上信一北海道庁長官から財団法人函館共愛会に交付される。
    12月 1日 函館共愛会託児所第4保育園(定員100人)を駒止町に開設
一時称名寺本堂地下を借りて分園とする。
    12月13日 保育園の名称を改称
      ○函館共愛会第1託児所
      ○函館共愛会第2託児所
      ○函館共愛会第3託児所
      ○函館共愛会第4託児所
1936年 昭和11年  1月 4日 函館市高砂町職業紹介所と函館市西部職業紹介所を合併し、共愛会職業紹介所として開所(高砂町)
    1月15日 中島町婦人相談所に授産講習所を附設し、授産並びに講習指導を行う。
1937年 昭和12年 6月30日 共愛会館開設(新川町) 法人事務所移転
    7月 1日 職業紹介所、婦人相談所、付属授産講習所を共愛会館内に移転
    12月 1日 簡易宿泊所共愛会開設(中島町)
    12月25日 第5託児所(定員100人)開設(亀田町)
1938年 昭和13年 5月28日 函館市長斎藤與一郎理事長に就任(第2代)
1942年 昭和17年  6月 1日 函館市長登坂良作理事長に就任(第3代)
1946年 昭和21年 8月17日 函館市長坂本森一理事長に就任(第4代)
1947年 昭和22年 11月 5日 函館市長宗藤大陸理事長に就任(第5代)
    12月12日 託児所の名称を保育園に改称
      ○中央保育園   旧函館共愛会第1託児所
      ○谷地頭保育園  旧函館共愛会第2託児所
      ○高盛保育園    旧函館共愛会第3託児所
      ○駒止保育園   旧函館共愛会第4託児所
      ○亀田保育園    旧函館共愛会第5託児所
1948年 昭和23年 12月 1日 駒止保育園(定員110人)保育所認可
1949年 昭和24年  2月 1日 亀田保育園(定員110人)保育所認可
1950年 昭和25年  7月 1日 高盛保育園(定員110人)保育所認可
     9月 1日 谷地頭保育園保育所認可
1952年 昭和27年 4月 1日 中央保育園(定員110人)保育所認可
     5月 1日 千才保育園開設(千歳町)保育所認可
    5月27日 社会福祉法人に組織変更
    12月15日 岡本康太朗理事長に就任(第6代)
    8月 8日 天皇、皇后両陛下の行幸啓の光栄に浴す。中央保育園の保育をご視察し、共愛会館においてご昼食のためご休憩される。
    12月27日 登坂良作理事長に就任(第7代)
1956年 昭和31年 7月28日 共愛荘の一部を転用し、共愛会医院(18床)を開設
1957年 昭和32年 7月17日 医院の規模を拡大し、共愛会病院(69床)を開設
1964年 昭和39年 8月28日 昼間乳児施設ゆりかご園開設(中島町)
1967年 昭和42年 4月28日 函館共愛会愛泉寮(定員100名 )老人福祉法に基づく特別養護老人ホームとして開設
1968年 昭和43年 12月 5日 大上眞宏理事長に就任(第8代)
1969年 昭和44年  4月 1日 ゆりかご乳児保育園(定員30人)認可
1970年 昭和45年  5月 1日 函館共愛会愛泉寮定員を150人に変更
1975年 昭和50年 10月 7日 佐々木次郎理事長に就任(第9代)
1979年 昭和54年  4月 1日 函館共愛会愛泉寮定員を160人に変更
1981年 昭和56年 4月 1日 駒場乳児保育園(定員60人)開設(駒場町)
1983年 昭和58年 1月16日 共愛会館廃止
    1月17日 法人事務所を中島町7番15号に移転
1985年 昭和60年 3月28日 社会福祉法人函館恵仁会解散により同会経営のつくし保育園を継承
1986年 昭和61年  4月 1日 特別養護老人ホームみなみかやべ荘(定員50人 )を開設(茅部郡南茅部町川汲町)
1992年 平成 3年 10月 5日 佐藤信治理事長に就任(第10代)
1994年 平成 5年  4月 1日 特別養護老人ホーム知内しおさい園(定員30人)、デイサービスセンター知内しおさい園(定員20人 )、短期入所(定員7人)を開設(上磯郡知内町重内町)
1995年 平成 6年 2月 1日 デイサービスセンターみなみかやべ荘(定員30人)を開設
    10月 1日 函館市デイサービスセンター入舟の運営を受託
    11月16日 創立60周年記念事業として、モニュメント「この子らに、未来を託して」を中央保育園敷地内に建立 ブロンズ若鳩の像 彫刻家 倉光清志作
    12月20日 大上博司理事長に就任(第11代)
1999年 平成11年 2月10日 経営不振により共愛会病院を一時休止
     7月 1日 知内しおさい園ケアハウス(定員30人)を開設
特別養護老人ホームしおさい園に短期入所施設(定員30人)開設
2000年 平成12年 4月 1日 特別養護老人ホームみなみかやべ荘に空床利用型短期入所生活介護(定員2人)開設
     7月 1日 特定医療法人徳洲会の支援を受け、共愛会病院の診療を再開
2001年 平成13年  1月 1日 特別養護老人ホーム知内しおさい園の短期入所施設定員30人のうち20人を特別養護老人ホームに転換し、ホームの定員を50人とする。
    11月 1日 共愛会病院に通所介護事業所(定員35人)を開設
2003年 平成15年 4月28日 福島安義理事長に就任(第12代)
    8月29日 共愛会病院改築
    11月19日 函館市デイサービスセンター入舟に居宅介護事業所(定員35人)を開設
2004年 平成16年 4月 1日 特別養護老人ホーム知内しおさい園定員50人から57人、短期入所定員17人から10人、通所介護20人から25人に変更
2006年 平成18年  4月 1日 函館共愛会愛泉寮ユニット型介護老人福祉施設に全面改築(定員16ユニット160人、ショートステイ1ユニット6人)
2007年 平成19年  7月 1日 共愛会病院に児童福祉法に基づく指定を受け、助産施設を開設
2009年 平成21年  4月 1日 市立鍛冶保育園と市立さくら保育園の民営化による統合園として、鍛冶さくら保育園(定員90人)を建設、開設 (鍛冶1丁目)
    6月1日 共愛会病院に訪問看護ステーション開設
2010年 平成22年  4月 1日 函館市養護老人ホーム清和荘の民営化により、養護老人ホームまろにえ(定員120名)を開設 (西旭岡町3丁目)
2011年 平成23年  4月 1日 デイサービスセンターみなみかやべ荘定員を25人に変更
2012年 平成24年  4月 1日 函館市赤川保育園の民営化により、赤川保育園(定員90人)を開設 (赤川町)
2013年 平成25年 3月31日 共愛会病院に定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業を開設
     4月 1日 ゆりかご乳児保育園をゆりかご保育園に変更
2015年 平成27年 6月30日 近江茂樹理事長に就任(第13代)
2016年 平成28年 4月 1日 保育園(全11園)が幼保連携型認定保育園に移行
函館市尾札部保育園と函館市臼尻保育園の民営化による統合園として、南かやべ認定こども園(定員100人)を開設 (川汲町)
    6月30日 デイサービスセンター入舟居宅介護支援事業の廃止
2017年 平成29年 3月31日 函館市デイサービスセンター入舟廃止
    4月 1日 養護老人ホームまろにえ外部サービス利用型特定施設から一般型特定施設に変更
2019年 平成31年 4月 1日 デイサービスセンターみなみかやべ荘を地域密着型定員18人に変更
  令和元年 6月 1日 共愛会病院を医療法人徳洲会に事業譲渡


函館大火 函館大火の図
函館大火
谷地頭保育園 共愛会館
谷地頭保育園
共愛会館
高盛保育園 亀田保育園
高盛保育園
亀田保育園
中央保育園  
中央保育園
 
   
モニュメント モニュメント
「この子らに、未来を託して」
函館